>

中古車は交渉しやすい

まずは予算を決めておく

中古車中古車を購入する際は、ある程度の予算を決めておくことが重要です。
予算を先に決めておけば、車を選ぶのにかかる時間も減らすことができます。
同じ車種・年式・走行距離など似た条件の車はありますが、販売店によって価格の差が出てきます。

中古車を探すときは複数店、最低でも3店舗はみて欲しい車の相場を把握しておきましょう。
相場より安い車があったという場合、どこかに安い理由があります。
走行距離が長い、事故歴・修復歴があるなど理由は様々です。
走行距離は何万キロ以内か、事故歴や修復歴があってもよいかなど、妥協ポイントを決めておきましょう。

また、燃費や装着されたオプション品の状態など、購入後にもかかるお金のことも考えて予算を組むと良いです。

年式と走行距離

年式は「どれくらい新しい車なのか」走行距離は「どれくらい乗られている車なのか」を示すものです。
中古車を購入する際、こちらの2点も気になりますよね。

予算内でおさまるなら、新しい年式で走行距離が短い車を選びたいところですがそれでは予算オーバーになってしまう場合が多いです。

年式が古くても走行距離が短い車は最初だけ走ってあとは車庫に放置されていた可能性があります。
その場合、サビの付着やエンジントラブルなど車の外部や内部に影響を及ぼしていることも考えられます。
また、年式が新しくて走行距離が長い車は短い期間に走りすぎているので、それなりに車自体も消耗してしまっていることが考えられます。

年式と走行距離は1年1万キロを目安にし、バランスがとれている車を選ぶと良いでしょう。


この記事をシェアする